塾にかかる費用、我が家の場合は?

こんにちは、mimiです。

受験生の長女が通っている熟から「9月から後期の授業の変更があります」という手紙を持って帰ってきました。

「基本は5教科となります」って書かれています。

今は英語と数学の2教科を教えていただいています。

今後どうするかな・・・

まだ下に子供2人いるので、塾代がいくらかかったのか忘れないように(まだまだ先のことだけど)記事にしたいと思います。

今は、英語と数学の2教科を教えて貰っていますが、このまま2教科(¥19,440)のままか5教科(¥32,400)にするか。(2教科の前期の費用は¥12,960でした)

本当は5教科を教えて貰った方が良いと思うのだけど、費用が高いし、長女本人も2教科のままでいいって言ってるけど・・・どうかな??

塾にかかる費用は

週3回、3教科で通った時の相場

  • 1対1の個別指導 ¥35,000~¥55,000
  • 先生1人に生徒が2~3人 ¥25,000~¥40,000
  • 集団授業 ¥15,000~¥50,000

引用元:中学生塾代

塾代が高ければきちんと教えてくれると限らない

現在の集団授業での塾は、中学2年生の12月に入校しました。

以前入校していた塾では、先生が1人に生徒2人のスタイルでした。入校当初は「最初のうちはいろいろな先生に担当してもらいますが、いずれはその子に適した賛成に担当してもらいます」という説明を受けました。

しかし塾長以外はほとんどが大学生のバイトのようで、バイト先生の出入りが激しくいつまでたっても担当の先生が決まりません。その上、教えてくれる先生によって教え方が違うため、子供自身もどうすればいいのかわからなくなっていたようです。

うちの子には合っていないようだしこのまま成績も良くならないのであれば、高い費用を払ってまでい通う必要はないとその塾は辞めることになりました。

ちなみに以前の塾は、

  • 1教科で¥15,000
  • 2教科で¥30,000(受講する教科が増えると料金があがるシステムです)
  • 夏期講習などは1コマいくらという感じだったので、1教科で何コマ受けるかによって費用が変わります。

受講費が高ければ良いというものではないし、子供が塾の雰囲気に馴染めるかどうかも重要なことです。

 

塾を辞めたころ、長女と仲良しグループの友達から、グループの友達数人が通っている塾に誘われました。

  • 2教科で2年生・3年生前期で¥12,960、3年生後期で¥19,440(集団授業のため以前より費用が安い)
  • 本人がこの塾に行きたいと言った

何より本人が通いたいと言った塾に行くことが一番いいだろうと思い、現在の塾に入校させました。

現在の塾は雇われた先生ばかりで、別の校舎に移動にならない限りはこの教科はこの先生が指導すると決められていました。

授業時間以外でも自習室が解放されているので、そこで勉強することができます。先生の手が空いていたら教えてもくれます。(これは前の塾でもあった)

何より仲良しの友達同士で通うということがあり、長女も自習の時間に通うということが多くなりました。

今までに支払った塾代

2015年12月(中学2年生の途中)~2017年3月(高校受験終了まで)通った塾の費用です。

  • 入校代 ¥10,800
  • 年間テスト代(2年生) ¥8,120
  • 年間テスト代(3年生) ¥20,000
  • その他教材費 ¥14,040+¥1,728+¥6,040
  • 冬期講習代+教材費 ¥17,280+¥2,700
  • 春期講習代+教材費 ¥12,960+¥1,620
  • 夏期講習+教材費 ¥56,700+¥1,300
  • 冬期講習+教材費 ¥32,400+¥2,700
  • 2015年12月~2016年8月までの月謝(¥12,960×9カ月) ¥116,640
  • 2016年9月~2017年2月までの月謝(¥19,440×6カ月) ¥116,640
  • 2017年3月受験終了までの月謝 ¥6,480

合計金額¥428,148

春・夏・秋・冬と講習は年4回あります。その他にも泊まり込みの合宿や受験対策用の授業の講習などありますが、我が家ではすべてを受けるほどの費用は出せないので、長女が希望するものと支払える範囲で受講しました。

追記

私が中学生の時には集団授業の塾が合わず、個別に変わってから成績があがったという経験をしました。そのため長女にも個別の塾をと通わせましたが、長女には合わなかったようです。

やはりその子供によって合う合わないということがあるので、一概にこの塾の評判が良いからといって通わせてもうまくいくかどうかわからないのです。その子に合わないのであれば早めに辞めて、別の塾に変わるという選択も大切なのではないのでしょうか。

 

都会では私立高校を希望する家庭が多いと思いますが、こちらは公立高校を希望する家庭が多く、どちらかというと私立高校は滑り止めという感じの地域に住んでいます。

長女はかなり成績が悪く、中学3年生の1月(本当にどこの公立高校を受験するか最終決定しないといけない時期)まで、担任の先生に「市内の公立高校の受験は厳しい」と言われていました。

市外であれば、市内の高校よりレベルが低いところもあるのでうちの長女のレベルなら何とかなりそうですが、3年間毎日通うことを考えるとやはり市内の高校を希望します。

わたし自身、公立高校の受験失敗で私立高校に通うことも頭に入れていました。

しかし、うちの長女は塾の成果だけではなく人間関係に恵まれていたようで、市内の希望する公立高校(市内でも一番倍率が高かった)に合格することができました。

仲良しの友達に誘われた塾ということで、塾に行くことが楽しみながらできたようです。

一番は、長女本人の努力があったのかもしれません。

最初は塾に勉強しに行っているのか、友達とおしゃべりしに行っているのかわからないと思っていましたが、勉強嫌いな子供には楽しみながらということが大切だったようです。

今回改めて、塾にかかった費用の合計額を算出してみましたが、裕福でもない我が家に良く払えたなとビックリしました。(私が育休中だったということで、現在の世帯年収より低い時期でした)

下の子2人は2歳差ということで今からかかる費用にぞっとしますが、これは今のうちに貯めておかなければならない!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です