ドコモと楽天モバイルを比較してみた

こんにちは、mimiです。

iPhone7が、今日の午後4時1分から予約開始、9月16日発売開始ですね。気になるところですが、現在使用しているiPhoneの支払いが12月まで残っているのでまだ手は出せません。

予約だけで完売のようなので、安定した販売ができるまで、ゆっくり考えたいと思います。

家族全員ドコモユーザーで、主人・私・長女それぞれiPhoneを使用しています。12月のiPhoneの支払いが完了したら、格安スマホかドコモのまま使用するか考えています。

※画像はクリックで拡大し、表は横にスクロールします。

こちらの記事は投稿当時と違い、楽天モバイルの料金プランが変更していますのでリライトしています。

格安スマホ

皆さんも格安スマホが気になっていると思いますが、利用率は全体の2割ほどみたいです。あとの8割は大手キャリアを使用している人が多いとか。

私も格安スマホが気になりながらも、

  • 店舗がないので、故障した時の対応は大丈夫か?
  • 通話とかインターネットなど、ちゃんと使用できるのか?
  • SIMカードって何かわからないし、自分で接続できるのか?

いろいろ不安があるので、気になりつつも手を出していません。

格安スマホもいろいろな会社があってどこの会社が良いのかわからないし。

でも、月々の支払いが安いというのはかなりの魅力で調べてみました。

どこの会社の格安スマホにするか

格安スマホのランキングを検索してみても、そのサイトで順位がバラバラです。わたしは、その中で楽天モバイルが良いかなと思います。

私が楽天モバイルが良いと思った理由

  • 今、使用しているドコモのiPhoneが使える。(楽天モバイルでは現在、ドコモ・au・ソフトバンクのiPhoneが使えます)
  • 楽天市場で買い物をするので、楽天スーパーポイントが貯まるのが嬉しい。
  • 私の住む地方では店舗が今現在はないが、いずれ店舗ができるかもしれない。(現在は1店舗あり)

そういったところから選びました。

口コミを見ると、通信速度はサクサク動くときもあれば、遅い時もあるとか。

これは、ドコモでも同じような感じです。

iPhoneで使用していること

  • インターネットを使う。
  • 音楽を聴く。
  • 電話はほとんど使わない。
  • メールで連絡することが多いが、LANEを使うかGmailがメインでキャリアメールはほとんど使わない。(しかし学校の連絡網はキャリアメールでないと対応していない)

楽天モバイル料金プラン

組み合わせプラン

 

引用元楽天モバイル 組み合わせプラン

こちらの料金プランはドコモよりとてもシンプルでわかりやすい。

スーパーホーダイ料金プラン

引用元楽天モバイル スーパーホーダイプラン

10分以内の通話が多い人や長期契約や楽天会員の割引を受けたい方には向いているかと思います。

我が家の8月の通信量

  • 主人 13.9GB
  • 私 0.1GB
  • 長女 7.0GB

現在わたしは家にほとんどいるので、Wi-Fiを利用しています。

主人の会社はとても緩く、社員には一人一台テレビがあります。テレビを見ながら仕事をしても良いのだとか。どんな会社だよ!?

たぶん、この通信量を見ると、手があいた時にiPhoneでゲームしたりネット利用していると思います。緩い会社だよね。

家族の中で一番通信量が多いのが主人です。長女は学校の行き帰りで使用しているので、このぐらいでしょうか!?

ドコモの現在のプラン

わたしが親回線で15GBの通信料プランに加入し、家族3人でその通信料を分け合えるプランです。

長女は学割キャンペーンの時に加入したので、毎月5GBの通信料をプレゼントされその通信料も家族で分け合うことができます。つまりひと月合計家族3人で20GBの通信料が利用できます。(余った通信料は翌月末まで繰り越せる)

親回線のわたしはドコモを16年利用していることから、長期割引が適用されています。(契約年数により割引率が違う)

ドコモの8月の利用料金

mimi主人長女合計
基本使用料¥1,700¥1,700¥1,700¥5,100
学割-¥800-¥800
パケット定額料(15GB)¥12,500¥500¥500¥13,500
割引-¥1,200-¥1,200
メール等¥603¥603¥603¥1,809
その他割引-¥320-¥320-¥320-¥960
iPhone分割支払金¥3,946¥4,005¥3,641¥11,592
割引-¥3,867-¥2,538-¥1,857-¥8,262
iPhone補償¥600¥600¥750¥1,950
合計¥13,962¥4,550¥4,217※1

¥22,729

※1(有料アプリ・消費税などは除く)

毎月だいたいこのぐらいの料金を支払っています。「カケホーダイライトプラン」に加入しているので、1通話5分以内なら無料で通話できます。5分を超えてしまうと30秒ごとに20円かかります。(ファミリー割引の場合、家族間での通話は無料)

我が家が楽天モバイルを利用するとしたら

育児休暇中で家にいることが多いわたしは現在一番安い「ベーシックプラン」で良いと思いますが、仕事復帰して外で使うことを考え「3.1プラン」で計算してみました。通話はほとんどしない我が家では「スーパーホーダイプラン」は必要ないかと思います。

プラン050データSIM通話SIM
主人10GBプラン¥2,380¥2,960
mimi3.1プラン¥1,020¥1,600
長女10GBプラン¥2,380¥2,960
合計¥5,780¥7,520

主人と長女は「10GBプラン」で計算してみました。主人は10GBでも足りないと思うけれどそのぐらいで我慢してもらいましょう。

ドコモの料金にはiPhoneの分割払いが含まれていますが、それでも「050データSIM」・「通話SIM」どちらのプランも、ドコモの利用料金よりかなり安いです。

まとめ

楽天モバイル

良いところ

  • 月々の支払額が安い
  • 楽天スーパーポイントが貯まる
  • 料金設定がシンプル

良くないところ

  • 通話が多い人には向いていない
  • 端末のことをすぐ相談したい時は不向き(楽天モバイルの店舗がない場合)
  • iPhoneの最新機種の販売はしていない(割引のキャンペーンはなし)

ドコモ

良いところ

  • 通話が多き人は良い
  • 端末、料金相談など店舗数が多いのですぐに相談できる
  • iPhoneの最新機種を販売している(割引キャンペーンがある)

良くないところ

  • 月々の利用料金が高い
  • 料金設定がややこしい

追記:ドコモと楽天モバイルを比較してみましたが、我が家ではやはり月々の支払いを抑えたかったので、主人とわたしの2台のiPhoneを楽天モバイルに乗り換えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です