楽天モバイルを開通後、設定したほうが便利なこと

こんにちは、mimiです。

昨日の記事にも書いたように無事に現在使用のiPhoneで「楽天モバイル」の開通はできました。

昨日の記事はこちらです。

「楽天モバイル」の開通後、他にも設定したことがあります。これから「楽天モバイル」でiPhoneを使用される方の参考になればと思います。

楽天でんわ

少しでも安く通話したいということで「楽天でんわ」のアプリをインストールしました。

私の契約は通話SIMでの契約なので、ドコモの時と同じように通話ができますが、

ここから通話すると20円/30秒掛かります。

 

10分以内なら国内通話かけ放題がセットになった「スーパーホーダイプラン」というものもあります。

我が家の場合は、そんなに通話しないので、こちらのプランにはしていません。

オプションで、ひと月¥850「楽天でんわ10分かけ放題」をつけることもできます。

このプランをオプションで付けるなら最初から「スーパーホーダイプラン」のほうがお得です。

 

しかし通話ゼロではないので少しでも通話料を安くするため、こちらからアプリをダウンロードします。

 

このアプリから通話すると国内通話:10円/30秒(税別)、国際通話:10円/30秒(非課税)で利用できます。ただし、このアプリでは「110番」・「119番」・「フリーダイアル」は発信できないので、わたしは緊急用のために通話SIMで契約しました。

詳しくはこちらです。楽天でんわ10分かけ放題 by 楽天モバイル

「LINE」を使えば無料で通話ができますが、相手も「LINEアプリ」を利用していないとできないし、音が飛ぶことがあるため友達には「LINE」で、会社や学校など通話が途切れてはいけない時は「楽天でんわ」を利用しています。番号はそのままなので相手にも不審に思われることはありません。

楽天モバイル、SIMアプリ

このアプリをダウンロードしました。

ダウンロードが完了すると、このように利用した通信料を確認することができます。

その他にも確認、設定ができます。

  • 高速データ通信ON/OFFの設定
  • 高速通信容量の追加(チャージ)
  • 利用明細、通話・SMS明細の確認
  • 楽天スーパーポイントの確認・設定
  • 登録情報の確認・変更
  • ご契約内容の確認
  • メッセージング(お客様サポート)
  • サービス/オプションの申込・変更 など

楽天メール

フリーメールを使用しているので要らないといえば要らないのですが、学校の連絡網はフリーメールでの登録ができないようなので、わたしは登録しました。主人は必要がないと登録していません。

楽天メールの設定方法はこちらです。

androidなら設定が簡単なようですが、iPhoneの場合は登録が少し面倒です。

iPhoneで楽天メールを設定する方法

1、「メンバーズステーション」より「楽天メール」を選びます。

2、「内容確認」を開きます。下記のデーターが後で登録する際に必要になります。

3、iPhoneの「設定」から

4、「メール」を選択。

5、「アカウント」を選択

6、「アカウントを追加」を選択。

7、「その他」を選択。

8、「メールアカウントを追加」を選択。

9、ここで、『2の「楽天メールの内容確認」』のデータが必要です。

  • 名前:名前を入力(送受信の時に表示されるので好きなもの)
  • メール:〇〇@rakutenn.jp(楽天メールで自分が登録したメールアドレス)
  • パスワード:楽天モバイルのパスワード
  • 説明:任意で好きなものを(私はRAKUTENと入力しました)

入力したら右上の「次へ」をタッチする。

10、次に「受信メールサーバ」と「送信メールサーバ」を入力します。

「受信メールサーバ」

  • ホスト名:「popmail.gol.com」
  • ユーザ名:〇〇@rakutenn.jp(楽天メールで自分が登録したメールアドレス)
  • パスワード:楽天モバイルのパスワード

「送信メールサーバ」

  • ホスト名:「mail.gol.com」
  • ユーザ名:〇〇@rakutenn.jp(楽天メールで自分が登録したメールアドレス)
  • パスワード:楽天モバイルのパスワード

入力したら右上の「次に」をタッチして確認したら保存です。

11、最後にメールを開いてみて、

 

このように「楽天メール」が表示されていたら完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です