自転車保険は加入する必要があるのか

こんにちは、mimiです。

長女の入学式も終わり、明日からいよいよ高校生活が始まります。

自転車で通学して貰うのですが、自転車保険をどうしようかな??

自動車に乗る人なら任意で自動車保険に加入していると思うのですが、自転車に乗るからといって車ほど自転車保険に加入している人はまだ少ないのではないでしょうか??

最近では自転車の交通ルールも以前より厳しくなり、子供だからといってもいつ加害者になるかわかりません。

数年前に『子供の自転車事故で母親に高額な賠償金の支払いを命じた』というニュースを見ました。

被害者の方や被害者のご家族の方からすれば、謝罪や金銭で解決できるものではないと思いますが、子供が起こした事故でここまで高額な損害賠償を支払いするように命じた判決が出たことに驚きました。

このニュースを見た当時、長女が加害者の子供と同じぐらいの年齢だったこともあり、他人事ではなくとても怖く感じたニュースでした。

小学生の高学年ぐらいになれば、遊びに行くときなど自転車に乗ることが多くなります。

そしてこのニュースを見たぐらいの同時期、長女の同級生が自転車に乗っていた時に高齢者の方と事故にあったという話を聞きました。幸い大きな事故ではなかったようですが、やはりいつ我が子が加害者になるかわからないと実感したのでした。

『自転車保険』について考える

小学生や中学生のお子さんがいる方ならご存知だと思いますが、『子供総合保障保険』の加入用紙を学校から持って帰りますよ。

その中で『自転車総合保障制度』があったので、小学校の高学年と中学校の3年間はこの保険に加入しました。

『自転車保険』もいろいろとあるので、別の保険会社のものと比較して加入したと思いますが、その当時は手っ取り早く学校で案内された『自転車保険』に加入したのです。

自転車賠償責任と傷害保障がついて、中学3年間で2,700円だったと記憶しています。

中学3年間の加入だったので、2017年3月31日で満期になるというハガキが届いていました。

高校生になったらどうしようか??

高校生になり自転車保険をどうするか

毎日の通学で自転車は使います。中学生より行動範囲も広くなるので、事故にあう確率も高くなるのではないかと思います。

高校の周知会で、中学校の時と同様に団体自転車保険のパンフレットをいただきました。

自転車保険(学校で案内されたもの)

  • 死亡・後遺障害 503万円(被保険者の人数により保険金額が減ることがある)
  • 入院保険金日額 4,000円
  • 通院保険金日額 2,000円
  • 賠償責任 1億円(自転車事故だけでなく、他人のものを壊した時にも補償される)

3年間補償されて5,000円です。

このぐらいの金額なら家計の負担にはならないので加入しようかなとよくパンフレットを読みました。

注意事項のところに、 『補償内容が同様の保険契約が他にある場合、対象となる事故について、どちらの保険契約からでも補償されますが、いずれか一方の保険契約からは保険金が支払われない場合があります。と書かれているけれどどういうことなのか?

保険会社に問い合わせてみたところ、

  • 死亡・後遺障害 503万円
  • 入院保険金日額 4,000円
  • 通院保険金日額 2,000円

この部分は別の保険会社の医療保険に加入している場合は、どちらかの保険会社からの保険金の支払いになるようです。

長女の学資保険は、医療保険がセットになっているものに加入しているので、上記の3点は補償が重複しています。

 

  • 賠償責任 1億円

賠償責任の部分は、火災保険の特約で加入している『個人賠償責任保険』と保険金が差し引かれることがあるようです。

つまり現在加入している医療保険や自動車保険などの補償内容を確認して内容が重複している部分があるのならば、新たに『自転車保険』に加入する必要がないということですね。

『自転車保険』について考えた結果

結論から言いますと、わざわざ自転車保険に加入する必要はないと考えました。

自転車で怪我をして通院や入院した時は、現在加入している医療保険や高額療養費制度でカバーできると思います。

高額療養費制度について書いた記事はこちら

 

やはり子供が自転車に乗っての事故で一番怖いのは、加害者になることです。

小さいお子さんがいる家庭では、火災保険・自動車保険の特約で『個人賠償責任保険』に加入している方も多いのではないのでしょうか?クレジットカードに付帯してついていることもあります。

我が家も念の為、火災保険の特約で『個人賠償責任保険』に加入しています。

この『個人賠償責任保険』で加害者になった時はカバーできるのでないかと思い、わざわざ自転車保険に加入する必要がないのではと考えました。

保険証書を確認してみると、我が家の加入している保険では賠償金額が3,000万円となっています。

賠償金が3,000万円では少なすぎます。せめて1億円はほしいところです。

賠償金額は変更できるのか

わからないことは、保険会社に何でも問い合わせしてみるものです。

我が家の加入している保険の場合、年間の保険料を現在より100円多く負担すれば、3,000万円から最高で1億円に賠償金額を上げることができるそうです。

まとめ

現在加入している『個人賠償責任保険』では示談交渉が付いていないことが気になりましたが、あれもこれも必要と考えてしまうと保険料がどんどん高くなってしまいます。

年間で100円アップの保険料なら、家計の負担にもならないので良しと考えました。

一番は被害者にも加害者にもならないことを願いますが、自転車保険はいざという時のお守りとして家計に負担がないほどほどの範囲で入っておきたいものです。

明日からの高校生活、3年間満喫してほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です