入園にかかった費用

こんにちは、mimiです。

このブログを始めたのは、次女が産まれて少したった育児休暇中でした。そんな次女も今年幼稚園に入園します。

子供が大きくなるにつれてお金がかかるといいますが、まさにその通りで幼稚園の入園にかかる費用は、高校進学までにかかる費用よりは安い。

次女の通う幼稚園は教育熱心な感じではなく地元密着型ののんびりした雰囲気なので、その点費用は私立幼稚園ながら抑えられたのかもしれません。

3人とも同じ幼稚園なので、他の幼稚園のことも知らないのです。

入園にかかった費用

  • 入園申込金 ¥1,000
  • 入園料 ¥25,000
  • 制服や幼稚園で使用する用品代 ¥43,390
  • 水筒や上靴など自宅で用意するもの ¥3,358

合計 ¥72,748

お箸・スプーン・フォークの付いた3点セットが最初は必要ですが、長女の使用していたものがあるのでケチりました。この3点セットを使うのも年少さんの時だけですからね。

常に給食があり遠足などでしか使用しないお弁当箱も、長女の使用していたものが残っているので今すぐには必要ないと思い購入していません。最低限必要なものを西松屋で購入して¥3,358でした。

長男の時の入園費用

この記事を見ると、入園料を支払ったことは書いていますが金額まで細かく書いていません。次女と同じ¥1,000ぐらいだったと思います。

こちらの記事を見ると、入園料が¥23,200

こちらの記事をみると、制服や用品代に¥30,551

記録に残っている記事がこのぐらいですが、長女の幼稚園の時に使用していた制服や用品を置いていたので、使えるものは購入しませんでした。着替え袋や上靴入れも100均で購入したので、西松屋で購入したのは、水筒・お箸セット・上靴・お弁当箱ぐらい。

だいたいの合計¥60,000ぐらい

まとめ

長男と次女が3学年差なら次女に長男のお古を使うのですが、2学年差なのでそういう訳にもいかず購入しました。

スマート体系の長男とぽっちゃり体系の次女なので、服のサイズがほぼ同じ。長男の時は洗い替え用にスモッグや夏の体操服などを2枚購入しましたが、次女には長男と共有して使おうと最低限の1枚しか購入しませんでした。

次女の加入している学資保険から入園のお祝い金とし5万円でるようでした(長男は加入が少し遅かったので入園時のお祝い金はなし)が、家計のほうから支払える額だったのでいただきませんでした。

浪費家のわたしには学資保険は貯金のつもりなので、できればお祝い金を貰わず最後の満期時にドバっと貰いたい!!

現在、家計簿を付けていませんが過去の家計簿記事を見てみると、よく生活できていたな~~と懐かしい気持ちとどうにかなるもんだなと思ってしまいました。あんがい楽天的な性格なんだな。

来年は長男の入学、長女は進学か就職か未定だがお金がかかることは間違いない。

先のことを考えすぎて不安になっても仕方ないと思うので、毎日が家族全員健康で普通の生活ができますように!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です